読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフライブライフ

人生って年齢は関係ない

企業の電力自由化

積極的に省エネに取り組むことによって、企業規模にもよりますが、だいたい1割

から2割の電力量の削減が見込まれます。そうすると、例えば月岨万円、年間で約120万円の電気料金を支払っている会社や店舗だと、年間約胆万〜型万円の経費削減が実現します。これは企業にとっては、かなり大きな金額です。

特に全国に何百何千という店舗を持っているフランチャイズ企業やチェーン展開をしている企業は、省エネと電力会社の切り替えでかなりの額、場合によっては年間数千万円から数億円規模のコスト削減につながります。

実際、最近の新聞報道によると、あるコンビニ大手は、2015年中に2500店舗を新規参入の電力会社からの電力購入に切り替えることによって「年間で約2億5000万円の節約を見込んでいる」と言っています。自治体の例ですが、神奈川県などは「東京電力から別の電力会社へ切り替えたことによって、年間3億4000万円の節約になった」ということです。

自分たちの電力消費の現状を把握して、電気に関する理解を深めることが、これからの企業に求められることではないでしょうか。

参照:http://www.bike-r.net/