ライフライブライフ

人生って年齢は関係ない

東京都内で夢のマイホームを持つ為の目安

人生でも大きな買い物であり、また大きな決断を必要とするものが家を買うことです。そのマイホームを都内に買うとしたら何を目安に検討するべきかまとめました。

都内の相場はどれくらい?

誰もが一度は考えるマイホーム。それは一生に一度の大きな買い物でもあり、未来の広がる大切なものです。 夢も広がりますが都内ともなると気になるのはその価格相場ではないでしょうか。 昨年の都内23区の一戸建て住宅の平均販売価格は5,315万円だそうです。それに対して東京市部の平均販売価格は3,986万円、首都圏である神奈川県は3,781万円、埼玉県で3,069万円と地価の違いが一目瞭然です。価格だけで決めるなら首都圏内で検討するのも良いかもしれません。 しかし、仕事の通勤時間や普段の生活も都内に家があればどんなに便利になるでしょうか。これは本来買うことのできない時間の節約にもなるので都内にマイホームを持つことの大きなメリットになります。 マイホームはそんな付加価値を考慮したうえで検討するとよいと思います。 しかし、マイホームが一戸建住宅である必要は戸建てにこだわる方でなければありません。 マンションという選択肢ももちろんあります。次に都内の新築マンションの相場を見てみました。 2011年1月から2016年9月までの東京都内の新築マンションの販売戸数とその平均価格は下記のとおりです。 ■販売戸数 平均 149,382戸 ■平均価格     52,41万円 ■平均面積     59.40㎡ ■平均坪単価    291.7万円 場所にもよるとは思われますが、約60平米ということは4LDKほどで5,000万くらいです。 結果的に新築マンションであれば都内では戸建て住宅を購入するのとほぼ変わらないといえます。

都内でマイホーム、年収はどれくらい必要?

前項でも記述しましたがマイホームは人生で最も大きな買い物なのであれもこれも・・・と夢を詰め込んで作り上げていくものだと思います。 夢に見た理想のマイホーム。希望をすべて詰め込んだら、出来上がった見積もりに、思わずため息が漏れてしまった経験が私にもあります。 やはり一番の問題となってくるのは価格であり、ローン返済の年数、そして自分の年収です。では現実問題として東京都内でマイホームを持つとしたら年収はいかほど必要なのでしょうか。 わたしが今まで言われてきたことで、『マイホームを買うなら年収の5倍まで』というのがあります。 これが賃貸住宅であれば一般的に家賃は月の収入の3分の1までとよく聞きますが、年収の5倍までといわれてもいまいちピンときませんでした。 単純に年収500万円であれば2,500万円まで。ちょっとこれでは前項目での価格の半分です。この時点で心が折れかけてしまいますよね。そこで試算できるサイトを調べてみました。 年収を月別に考えてみたときに月々の支出にはなにがあるのでしょうか。衣食住や遊行費などの雑費に各種保険に、子供がいる場合は教育費にと多岐にわたります。特に教育費は子供の成長に合わせて膨らんでいきますし、5年先、10年先と家族の状況を想定して適切なライフプランニングをする必要があります。 本来は住宅資金というと自己資金の『頭金』と金融機関から借りる『住宅ローン』が基本です。住宅ローンは金利がありますのでここでも金利を計算に入れての予算を作る必要があります。では実際に頭金ゼロとしたときの返済例をみてみました。 条件は金利3%、元利金等払い、ボーナス返済はなしの場合ですが 月々の返済額が10万円だとすれば下記の数字だそうです。 20年ローンで 1,803万円  25年ローンで 2,108万円 30年ローンで 2,371万円  35年ローンで 2,598万円 同様に相場とされる5,000万円であれば、月々20万円の支払いで35年ローンで5,196万円となっています。 頭金などの自己資金や住宅補助があればこの限りではありませんが、月々の返済額を賃貸と同じ目安で月収の3分の1として単純に考えるのであれば、月々20万円の支払いということはボーナス込みで年収は約1,000万円となります。

都内でも安いマイホーム探し

都内といっても中心地区はかなりの予算を必要としますが、郊外ならばどうでしょうか。 八王子市の例を挙げれば新築分譲物件で3,000万円以下の物件も多数あります。そして交通の便を考慮した場合でも八王子から新宿までであれば八王子駅からでも1時間以内、京王八王子駅からであれば10駅ほどはありますが50分以内で着けます。 通勤にも便利で閑静な住宅街、自然も近くてリフレッシュもできる。 これだけでも検討するには十分な要素だと思います。 都内にマイホームは持ちたいけれど新築物件はちょっと手が届かないならば中古物件の検討を考えると思います。次に都内の中古物件の相場を調べてみました。 やはり中心部は価格的に新築と比べても劣らない物権が多いです。都内に拘るのであればできるだけ郊外の交通の便が良い沿線沿いで探すのがベストではないかと思います。

リフォーム宣言 – 家を立てたい、家を売りたい、リフォームしたいなど住宅に関するライフハック

まとめ

一戸建てかマンション、新築か中古か。それぞれにこだわりがあるかと思いますが、予算や返済計画を検討し普段の生活や通勤など自分のニーズにあった物件を探すことが最も重要だと感じます。