読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライフライブライフ

人生って年齢は関係ない

35歳独身女性のイマドキ結婚事情!出会いを引き寄せる2つの方法

35歳の独身女性というのは、結婚に本人は焦っていなくても、周囲から「結婚はまだ」と言われるケースがあります。新しい出会いをして幸せな結婚をするために、35歳ならではのメリットとデメリットを紹介しています。

35歳独身女性の結婚とは

35歳で独身の女性は、23.1%というデーターがあります。最近は女性も高学歴になり男性と同じように、総合職で働くという方が増えているようです。以前に比べて晩婚型の女性が多いようですが、35歳という年齢で結婚を検討した場合、考えなくていけないことがあります。それは、35歳から高齢出産になることです。

しかし、経済力もあり、自立した大人の女性である、35歳という年齢は出会いがあれば、結婚に向いている年でもあるようです。世間で「若いね」と言われる年齢は27歳くらいまでですが、若だけが女性の魅力ではないと思いませんか。

 

幸せな結婚をしたい方にお勧めの記事です

35歳で結婚していない方というのは、男性でも女性でも「気が強いのではないか」「異性にだらしないのではないか」「借金があるのではないか」と何かしら、問題があると疑ってしまうことがあるようです。しかし、仕事が充実していて恋をする暇が無かったというケースもあるので、年齢に対する偏見でしかありません。

若い世代に比べて肌の衰えを感じたり、疲れやすくなったり、と体の変化を感じるのも30歳を過ぎてからです。しかし、若さには叶わない部分があっても、35歳という年齢は大人の女性としての魅力があります。

自分の魅力はどこかを自分できちんと理解しておくと、新しい出会いに巡り会えるのではないでしょうか。結婚をすることだけが幸せな人生ではありませんが、将来のパートナーに出会えることも素敵なことです。

 

結婚適齢期ってあるの?

婚活サイトを見ると、女性は28歳までに結婚を考える人が多いということより、適齢期は28歳位のようです。28歳までに結婚を考えて、30歳までに結婚をするというケースが多いようです。

28歳を過ぎると出会いの数が減ってくると言われるので、親や周囲の人に「結婚はまだ?」と親戚が集まると言われてしまうも、28歳を過ぎたあたりからではないでしょうか。

 

男性と女性は違うの?

最近は女性も社会に出て活躍する場が増えてきているので、男性も女性も適齢期は同じくらいではないか、考えている方もいるようですが、男性の場合の結婚適齢期は33歳位までと言われています。男性の場合は、結婚に備えて貯金をして、生活の基盤となる安定した給料を貰う為に、30歳を過ぎても良いと言われています。

それでも、男性も女性も35歳を過ぎると結婚適齢期という年齢は過ぎてしまっているようです。結婚適齢期までに結婚をしなくてはいけないという訳ではありませんが、出会いの数が減ってしまうようです。

 

35歳を超えると結婚確率は下がるのか

内閣府の未婚率のデーターを見ると、35歳から39歳の独身女性が5年後のデーターと比較すると、わずか2%しか結婚出来ていないという結果になります。女性だけではなく、男性も35歳過ぎるとわずか3%という結果になっています。

晩婚化が進んでいると言われていても、35歳をすぎると、一気に結婚できる確率が減ってしまうようです。35歳を過ぎて5年後の40歳になると、更に結婚できる確率が減ってきます。結婚したいと考えた時は、少しでも早く行動することをお勧めします。

http://asu-dengonban.jp/

今からでも恋愛できるの?

35歳で独身の女性は「今さら恋愛なんて出来ない」と思っている方もいるようですが、出会いがあれば、恋愛は出来ます。

10代や20代では出来ない、大人の女性としての恋が出来るようです。30歳を過ぎてからも、女性としての魅力は十分にあるので、肌の手入れや、おしゃれに気を付かうと、新しい出会いにも巡り合えるのではないでしょうか。